プロバンサインのジェネリックについて

男性の画像 多汗症治療で使われるプロバンサインは、唯一保険が適用される抗コリン薬です。なので、病院で処方してもらう場合には安価で試すことができます。

なので、多汗症で悩む方にしてみれば非常に嬉しいですよね。しかし、いくら汗っかきであっても必ずプロバンサインが処方してもらえるわけではありません。

医薬品というのは体に与える影響が大きいので、医師によってはなるべく薬を出さずに治療していきます。つまり、多汗症ではないものの昔から汗っかきで悩んでいたとしてもプロバンサインがもらえるかどうかは微妙なところです。

 

ただ、こうした場合でも通販を利用すれば確実にプロバンサインを購入できます。

しかも、通販であれば病院と同じプロバンサインだけではなく、さらにお得な商品も購入できます。

 

プロバンサインにジェネリック医薬品はある?

病院で薬を処方してもらう際に、ジェネリック医薬品を希望するかどうか聞かれます。ジェネリック医薬品のほうがお値段は抑えられていますので、希望すると答える方も多いですが、あいにくプロバンサインにジェネリック医薬品はありません。

ですから、プロバンサイン以外の多汗症治療薬を希望するなら他成分のお薬を使うこととなります。

 

ただ、プロバンサインのジェネリックがないのは日本でのお話。

海外医薬品を扱う通販サイトではジェネリックも販売されているので、プロバンサインよりもお得に試すことができるのです。

 

通販サイトではプロバンサインだけでなく、他にも多くのジェネリック医薬品を扱っています。

日本にはまだないジェネリック医薬品を試せるので、今まで金銭的な理由で治療を続けられなかった方でも積極的に治療へ取り組めるようになります。

また、薬の選択肢が増えることで、これまでよりも効果的な治療を実現できます。

 

そもそもジェネリック医薬品ってなに?

ジェネリック医薬品ってよく聞くけど一体どんな薬のことを言うんだろう…?普通のお薬と何がどう違うんだろう?ここまでで何度も「ジェネリック医薬品」というワードが出てきましたが、今回はジェネリック医薬品に関する疑問にお答えしていきたいと思います。

 

まず、ジェネリック医薬品を理解する前に知っておきたいのがお薬の種類です。

お薬には新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があり、新薬は製薬会社が莫大なお金と時間をかけて作り出されたお薬です。そして、新薬は開発時にかかった費用を回収するために一定期間独占的に販売できる権利が与えられます。

しかし、独占販売できる期間が過ぎると、他の製薬会社が同一の有効成分を使用した医薬品を開発できるようになります。こうして誕生したのがジェネリック医薬品です。

 

なので、ここで言うプロバンサインとジェネリックは、中身がほぼ同じお薬ということ。

使用されている添加物が違うので100%同じではありませんが、有効成分、効果効能、安全性、用法用量、副作用に大きな違いはありませんので安心してお試しいただけます。

 

ジェネリック医薬品について詳しく知ると「これからジェネリックをメインで使おう!」と思っていただけたかと思いますが、日本は他国に比べてジェネリック医薬品の数が少なく、ジェネリックを希望しても処方してもらえないケースが目立ちます。

日本のジェネリック数が少ないのは、他国と比べて認可が遅いことが大きな原因と言われています。

とはいえ、今は個人輸入の通販があるので、たとえ日本にプロバンサインジェネリックがなくても大きな問題ではありません。

 

プロバンサインジェネリックを試したい場合には、通販サイトをチェックしてみましょう。

 

プロバンサインジェネリックの値段

女性の画像多汗症に有効なプロバンサインは、保険が適用されるので1ヶ月分約2000円と安価に試せます。ただし、これは多汗症と診断された場合のみです。つまり、多汗症ではないけどプロバンサインを処方してもらう場合には、自費となるため1ヶ月分は約7000円します。

 

海外のプロバンサインは、利用する通販サイトによって値段が変わるものの1本100錠入りで約7000円です。自費診療の場合と値段はほぼ同じではありますが、海外製プロバンサインの方が内容量は多く、通院の必要がないので少しだけお得になります。

 

では、通販で購入できるプロバンサインジェネリックの値段はどうでしょうか?

こちらも商品や通販サイトによって値段は変わりますが、1本100錠入り約5000円で販売されています。

多汗症で悩む方にとってお薬は欠かせない存在です。とくに暑い時期には毎日の服用が必須、手放せませんので少しでも安いほうがありがたいですよね。

ジェネリックにすれば1錠につき20円ほど安くなるので、少しでも経済的負担を減らしたい方はジェネリックを選択すると良いでしょう。

 

ジェネリック医薬品が安い理由

上記でも紹介したように、通販で扱われているプロバンサインジェネリックは新薬と比べて安価です。

とくに長期的に薬を必要としている方は、ジェネリックに変えるだけで経済的な負担を大きく軽減できるので非常にありがたい存在です。

しかし、中身はほぼ同じ薬なのにどうして安いのか?もしかすると、品質や安全性が低いからではないか?と疑ってしまいますよね。

 

どうしてジェネリック医薬品が安いのか?その理由は開発コストにあります。

新薬を開発する際には、有効成分のもととなる物質を発見するところから始まります。また、物質を見つけてからも有効性や安全性を確かめるための臨床実験が繰り返され、厳しい審査を通過してようやく世の中に流通されます。

新薬の開発が開始されてから実際に新薬が流通するまでの期間は最低でも15年。何億という費用がかかっているので、どうしても高額になってしまうのです。

その一方でジェネリック医薬品はすでに安全性や有効性が認められた新薬の成分を使用します。しかも、新薬の開発に関するデータも使用できますので、発売に至るまでの期間も費用が大幅に抑えることが可能です。

そのため、新薬とジェネリックでは中身が同じでも値段がぜんぜん違うというワケです。

 

通販のプロバンサインジェネリックの効果は?

通販で購入できるプロバンサインジェネリックは、値段が安いというのが大きな魅力です。

しかし、値段が安いと新薬よりも効果が劣るのではないかと心配になります。しかも海外製の薬となれば余計に品質に疑いを抱くことでしょう。

 

もちろん偽造医薬品を服用してしまった場合には、本来得られるはずの効果は実感できませんし、強い副作用が出る恐れがあります。

ただ、安全な通販サイトで正規品を入手すれば確かな効果を実感できます。

 

男性の画像また、海外製のジェネリックだからといって効果が劣るようなことはありません。

ジェネリックにはもともと新薬に使用されている成分が使用されていますし、低コストであっても新薬と同等の厳しい検査が行われています。

 

実際に通販でプロバンサインジェネリックを購入されている方の口コミもあります。

・日本では売ってない薬なのでどうかと思いましたが、めちゃめちゃイイ!リピ決定!(男性・36歳)

・汗の量だけでなく、ニオイも気になり、通販で買いました。結果、どちらの悩みも安く解決できたので大満足です。(女性・27歳)

・プロバンサインからジェネリックに変えましたが効果は一緒でした。(男性・44歳)

・通販は危険と言われていますが、全然そんなことないです!今まで未承認の薬たくさん買ってきましたが、全部良かったです!プロスパスはわたしのお気に入り〜〜(^^)(女性・35歳)

 

いかがでしょうか?

口コミは実際に試した方しか分からない意見が知れるので、利用前の参考になります。

今回は肯定的な意見だけをチョイスしましたが、もちろん中には否定的な意見もあります。

ただ、購入前に口コミを見ておけば通販の失敗を防げるので、ぜひチェックしましょう。

Uncategorized

Posted by admin