プロバンサインの仕組みとは?

女性の画像誰でも必ず暑ければ汗が流れますが、わたしのような汗っかきの体質の人間は、夏だけでなく一年中汗に悩まされています。というのも夏は当然強い日差しと蒸し暑さで汗が流れますが、他の季節でも温度調節のためにアウターを着ていたら汗をかいたり、室内の暖房が効きすぎてじんわり汗ばんでくることがあります。そこへ緊張するような場面に遭遇したら…。

なので、わたしの場合は普通の人が汗をかかなくなる時期でも完全に汗や体臭の悩みが消えることはなかったのです。

 

ただ、今はプロバンサインがあるおかげでこうした悩みからは解放され、ようやく自分らしく過ごせるようになりました。(大げさかも知れませんが…)

 

プロバンサインは実際に病院でも処方されているお薬で、主に多汗症改善で使われています。錠剤タイプのお薬で、服用するだけで不思議と汗がピタリとでなくなるんです。

 

おそらく、病院で処方してもらったことがある方や通販でプロバンサインを購入したことがある方は「汗を止めてくれる素晴らしい薬」とくらいしか思っていないでしょうが、そもそもどうしてプロバンサインを飲むと汗が出なくなるのでしょうか?

考えてみるとすごく不思議じゃありませんか?あんなに大量に出ていた汗が出なくなるなんて…。

 

ここでは、プロバンサインの素晴らしさを再認識してもらうために、多汗症の原因や汗が止まる仕組みについて紹介していきたいと思います。

 

まずは、多汗症の原因を知ろう!

主にプロバンサインを必要とする方は、汗っかきの人ですよね。ただ、同じ環境で過ごしていても汗の出る量は人によって違います。ここでは、汗っかき(多汗症)の原因についてわかりやすく説明します。

 

精神的な要因

そもそも汗というのは、交感神経が副交感神経より優位になっている状態で発生します。

交感神経とは興奮したり過度の緊張やストレスを感じたりすることで活性化して優位になり、その逆にリラックスしていると副交感神経が優位になります。

なので、自宅でのんびりと過ごしているときに大量の汗が噴き出る…ということはありませんよね?それは、副交感神経が交感神経よりも活発になっているからです。

 

しかし、過度のストレス、緊張、不安などが生じることで交感神経が優位になり、汗の分泌が活発になってしまいます。

ただし、緊張しやすい、ネガティブ思考、神経質な性格の方であっても汗腺が鈍い場合には多汗症にはなりません。

ですから、性格と交感神経が過敏という条件が揃った場合に多汗症となります。

病気が原因

女性の画像循環器、中枢神経、代謝、内分泌などに関する病気を患っていると、汗腺が活発になって汗が出やすくなります。

そのため、甲状腺機能亢進症、急性リウマチ、糖尿病、末端肥大症などの病気になった場合には多汗症を併発する恐れがあります。

ただ、病気によって発症する多汗症は部分的な汗っかきではなく、全身に汗が多く出る全身多汗症になります。

つまり、昔と比べると全身の汗が多くなった…と感じている場合には、何か病を患っている可能性があるということです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンや代謝系に問題が生じている場合には、体内の代謝が活性化して異常に汗が出ることがあります。

体内で分泌される様々なホルモンは脳でコントロールされています。しかし、ホルモンバランスが乱れると同時に交感神経も乱れてしまうので汗腺が活発になることも。

特に女性は月経、妊娠、更年期障害など体内のホルモンバランスが変化しやすいので、昔は普通だったのに急に多汗症になってしまった…というケースもあります。

また、多汗症は遺伝によって起こりやすいとも言われていますので、家族や親戚で汗っかきの人がいる場合には要注意です。

さらに、服用中の医薬品の影響で多汗症になるケースもあります。

 乱れた食生活

誰でも熱いものを食べたり辛いものを食べたりすると汗が出ます。これは自然なことですが、普段の食生活が偏っている場合には多汗症を招く恐れがあります。

例えば、刺激が強い食べ物や脂肪分が多い乳製品、肉類は汗腺の働きを活発にする作用があります。また、カフェインを多く含むコーヒーやお茶、ニコチンを含むタバコも交感神経を刺激する特徴があるため、こうした食べ物を好む方は要注意です。なるべく汗腺の働きを活発にする食べ物は控えるように心がけましょう。

 

なぜプロバンサインは多汗症に効くのか?

当サイトで紹介しているプロバンサインというのは、抗コリン薬に分類されます。

有効成分にはプロパンテリン臭化物(臭化プロパンテリン)が使用されており、多汗症の治療薬で用いられています。ちなみに、抗コリン薬にはプロバンサイン以外にもありますが、健康保険が適用されるのはプロバンサインだけです。つまり、他の抗コリン薬は保険適用外なので自由診療となってしまいます。

 

プロバンサインの有効成分であるプロパンテリン臭化物には、交感神経から分泌されるアセチルコリンという物質の働きを抑制する効果があります。アセチルコリンの働きが妨げられることで汗を出す命令が出なくなるため、一時的に発汗を抑えてくれます。

 

根本的に多汗症を改善することはできませんが、どうしても汗をかきたくないという状況(プレゼンやデートなど)の時に服用すれば一時的ではあるものの汗の悩みからは解放されます。

ちなみに1回の服用で効果は45時間持続しますが、1日3回程度服用できますので長時間汗をかきたくない場合には飲み直すことも可能です。

 

また、多汗症治療にはプロバンサインのような飲み薬の他にも、塗り薬や注射といった方法もあります。しかし、飲み薬は体の隅々にまで有効成分が行き届くので、広範囲への効果が期待できます。

しかも、薬を持ち歩いておけば汗が気になるときに飲み直せますので、全身の汗を確実に止めることができます。

 

確実に汗をブロックしてくれるプロバンサインは通販で

女性の画像多汗症が気になって行動が制限されるといった悩みを持つ方は、病院へ相談するのが一番です。

しかし、病院と聞くだけで抵抗を感じてしまう方や汗は気になるけど病院へ行くほどではない…という方もいるでしょう。

そういった方には病院でも処方される多汗症治療薬「プロバンサイン」の通販がおすすめです。

 

ドラッグストアや薬局でも多汗症に効くとされている商品は販売されていますが、直接汗の発生を抑えるものではなく、更年期障害やイライラなどを抑える目的のお薬なので、どの商品を試しても気休め程度の効果しか期待できません。

気軽に購入できる点は病院よりも優っていますが、それでも結局使い物にならなければ意味はありません。

 

一方、通販の場合は海外からの輸入品ですが、病院で処方されているものと同じプロバンサインです。

使用されている有効成分はプロパンテリン臭化物で、含有量も15mgと同じです。

海外製の医薬品は品質が心配…といった声もありますが、偽造医薬品を扱うような悪質通販サイトを利用しなければ、有効性・安全性共に優れた正規品が届きます。

また、実際に通販で購入したプロバンサインで多汗症を克服している方はたくさんいますので、品質に不安がある方は通販サイトの口コミをチェックしてみると良いでしょう。

 

今まで汗っかきの体質が恥ずかしくて我慢してきたことがある、誰にも相談できずに悩んでいた…。そんな方こそ通販を活用して、積極的に汗の悩みを解決していきませんか?

Uncategorized

Posted by admin